2019年6月11日火曜日

今の滑り方というのかウィールの転がし方

滑る基本としてウィールは転がすものだよな、というのが今の認識。

今の自分の考えとしては、片足にウィール4個ついてるけど全部がくっついてやや大きな一つの回転体が足の下についてるイメージ。
直径30㎝ぐらとイメージして使うこともあるし70㎜ぐらいの直径でイメージして使うこともあるかな。
実際には4輪接地していたり1輪であったりするわけだけどそこはどうでもいいところかな、どちらにしろ一つの回転体としてとらえてる。










んで、前に転がすにはだ

回転体の後ろに荷重した状態からプッシュして回転体の前に荷重する。













別で例えをすると一輪車の背中を丸めて背中側に荷重した状態からペダルを使わずに両足はタイヤに乗せて背中を伸ばして股関節を伸ばしてタイヤに乗せた足でタイヤを前に少し転がす。プッシュだ。

こうすると回転体が回り始める。
一輪車のタイヤも少し回りだすよね。

そしたら前に荷重されてる回転体を前に押し出して転がしていってやり結果荷重位置が回転体の後ろに来るようにしてやる。
この時回転体の外周を回していって一番高いところに乗りあがって回していってやるようにするのが大事。
荷重や重心をただ前や後ろに変えるのではなく中間で移動させていってることに意味がある。
ついでにブーツと回転体を前に押し出した分重心はやや後ろに移動してる。
















一輪車なら背中曲げてタイヤを押し出して前に進めてる感じ

重心が後ろに移動しているから回転体の後ろに荷重してる状態、つまり最初に戻れる、から繰り返せる。

バックなら逆動作してくれい。

エッジは関係ないアウトだろうがインだろうがセンターだろうが滑らせて動くときにはこれをやる。
これをやればウィールは転がる。
やらないのとできないのは全く違うこと。

おれは無意識ではできないので頭でプログラム組みなおしてその動作を反復させてる。
前へ滑るはだいぶできるようになったけど、バックができねえです。

一輪うんぬんよりただ転がすの方がよっぽどむずかしいです。

ksj shadow

足首回りがちょっと弱いかなあという気がしてきてる。


カフをとめてるボルト周辺ていうのかなあの辺りの横剛性がない感じ。

甲のバックルとカフのバックルでは決まってるのにその中間が効いてない感じ。

なので上下決まってるのにその中間が腰砕けするような。


KSJのソール横の立ってるところの強度不足が目に付くようになってしまうか。


だからみんなカーボンカフに変えてんのかなと使って理解。


といっても致命的ってわけでもないがな。

まあそんな風に感じるよと。

2019年5月6日月曜日

ナムウォンと昔のと一輪と

この子の滑り方は元気があって好きかなあ。


あと、今の一輪偏重主義は嫌い。


あまりにも特化しすぎて参入障壁高すぎになってる、こんなの見せられたらみんなやってみようと思わない。

ずっと一輪やってあとはお仕着せの動きをする、それを見てやりたいと思うのかなあ。


それかあれだよな、一輪をやっていい回数を1競技中に6回までとかその1回あたり6コーンまでとか制約設けてはどうか。

そうすればだらだら一輪ばっかやるのを防げる、より難しいものを選りすぐってやることになるし。




昔のをなんかお勧めされたので見た。

良くないところもいろいろあると思うけど、見てて良いなと思う。


彼らが天才だったと言われればそれまでだけど、今はその天才的な個性を殺す一輪偏重さだと思うんだ。

一輪に個性はないからな、基本的にマニュアル通りにやるしかないものだもの。



2019年3月9日土曜日

しゃどー

結局シルバーKSJ 痛いので乗り換え。
午前中に組んでおいたの予言だったか。

てことで、KSJ  SHADOW 。



まあタンフカフカ系セバっすね、あと普通、以上。

フレームもV-frameだっけ、ロッカリングあるんでそのままつけてるが、まあ普通、付き位置がfreewareと比べると前になるんで違和感だが、感触はまあこれもセバ。

2019年3月2日土曜日

ブーツがそろそろダメだが延命処置

KSJ のシルバー、最近右足のくるぶしのところがカーボンの縁が当たって痛くて。

先週動画上げたがあの時実は地面に足をつけられなかったんだよねえ。
あれ以外ほぼ滑ってないけど激痛の中よくやってたよなあ(^◇^;)

1週間滑らなくてもくるぶしなんか痛みあるしな。

当たるところはテーピングテープ貼ってたがすでに効果なく。

まだ剛性はあるので勿体無いとは思いつつもう変えるかあと考えてはいたが最後の悪あがき。


お得意の百均もので家にあったので貼ってみた。
とりあえずバッチリ痛くない、素晴らしい。

剥がれてくるから長持ちはしないだろうがしばらくこれで誤魔化そう。

2019年2月17日日曜日

一つのエッジの中で滑らせ方を変える、and more

前までワンフットのときにはインエッジ・アウトエッジそれぞれで滑らせ方を変えてたわけだけど、具体的には

  1. ウィール(4輪なら4輪の中でずらす)の後ろ荷重から前荷重に移して転がり落ちるのを使うのと
  2. ウィール(4輪なら4輪の中でずらす)を進行方向に動かすことで前荷重から後ろ荷重にしつつも滑らす

ってのの二通り。


ここ最近は骨盤の寝かせ方を変えて前後への押し込みをしつつこれをやってた感じだったかな。



それをだ、ワンフットのインエッジならそのエッジの始点側と終点側で上の二通りを切り替える、アウトエッジになったらまた二通りを切り替える。

もうちょっと具体的にはワンフットのインエッジのときは、1をやってから2をやる(というか1はいわゆるプッシュの動作だね)

アウトエッジも1をやってから2をやる。


はい、2倍めんどくさくなりましたね。


ただこれ、セブンでの大きい側の漕ぎの時は前からこれをやってたんだよね。

それを全部の動作に広げたってわけだ。



それでさらにだ、もひとつおもしろい使い方だなと気が付いたのが松鼠くんのを真似ててなんだけど、


普通は上の1は体の真下辺りでプッシュとしてやるはずだけど、そいつを体の前に足を出してやる、つまり股関節から前に足を出した状態で4輪の中の荷重位置を後ろから前にずらす(これは足首で地面に対しての角度と股関節でのプッシュ動作も少しは効かせられるはず)で滑らせて、さらに後半を2をやる。

ま、やってることは前出と変わらないけど体から離した位置でやってるわけか。

抜けそうになるけど地面を這わせてウィールを進める。


で、これ軽いんだわ。

プッシュ動作はあまり効かないので強くはないけど軽いんだ、体が慣性モーメントさえ持ってて押し込む位置に持ってこれるなら、軽いから速いし動作がコンパクト。

2019年2月16日土曜日

あら、やっぱりいつものとこバイオハザードの現場になってた

予想はしてたが、今話題の町なので。
駐車場がバイオハザードのの現場になってたわ。
つうてもただの消毒ポイントだがね。
お仕事の邪魔にならないよう少し離れたとこに停めましたよ。

人間におきたらどうすんのやなー、とかちと考えたり。

2019年2月6日水曜日

松鼠くん

NGUxTDT 北戴河Freestyle2018—体育—视频高清在线观看-优酷

この中の松鼠くんの滑り方、いやいつもの彼らしい滑り方なんだけど、何分目の彼って書こうと思ったが外のWi-Fiだとyoukuまともに見れねえから探して、彼を知らなくても異常に一歩を加速させる人が彼です。

彼のこの滑らせ方ってなんだろうなあと。


彼のお師匠のMagician chenもそうなんだけど、独特で異常なウィールの加速のさせ方するんだよね。

お師匠もだけど一輪はそれほどーなんだけどな。


他の人もトップクラスやや下に近い人が多いとは思うんだけど、みんな「ぐーう」と滑らすんだよね、もちろん「ぐーう」の長さはそれぞれなんだけど。


松鼠くんは、「ギャン」なんだわ。

サスペンション固すぎる車みたいな。

接地してからタイムラグなく、その瞬間、最高速に滑らせてる。

不思議。


自分の今の滑らせ方の考えでは「ぐーう」を速くさせるしか想像できなくて、別の滑り方なんだよねえ。


違うっておもしろい、興味深いことであり。



しかしまー、滑らなくなったねえおれ。

今週は久しぶりに定時とかで帰れるが、その先はまた・・・・・。

って考えると闇練一回行っても意味があるのかってやらないねえ。

そんなこんなで、もう一年闇練してねえや。

その割にはその「ぐーう」な滑り方だけは進歩してるとは思うがなー、力も構成もなんもなくなったが。

松鼠くん

NGUxTDT 北戴河Freestyle2018—体育—视频高清在线观看-优酷

この中の松鼠くんの滑り方、いやいつもの彼らしい滑り方なんだけど、何分目の彼って書こうと思ったが外のWi-Fiだとyoukuまともに見れねえから探して、彼を知らなくても異常に一歩を加速させる人が彼です。

彼のこの滑らせ方ってなんだろうなあと。


彼のお師匠のMagician chenもそうなんだけど、独特で異常なウィールの加速のさせ方するんだよね。

お師匠もだけど一輪はそれほどーなんだけどな。


他の人もトップクラスやや下に近い人が多いとは思うんだけど、みんな「ぐーう」と滑らすんだよね、もちろん「ぐーう」の長さはそれぞれなんだけど。


松鼠くんは、「ギャン」なんだわ。

サスペンション固すぎる車みたいな。

接地してからタイムラグなく、その瞬間、最高速に滑らせてる。

不思議。


自分の今の滑らせ方の考えでは「ぐーう」を速くさせるしか想像できなくて、別の滑り方なんだよねえ。


違うっておもしろい、興味深いことであり。



しかしまー、滑らなくなったねえおれ。

今週は久しぶりに定時とかで帰れるが、その先はまた・・・・・。

って考えると闇練一回行っても意味があるのかってやらないねえ。

そんなこんなで、もう一年闇練してねえや。

その割にはその「ぐーう」な滑り方だけは進歩してるとは思うがなー、力も構成もなんもなくなったが。

2019年1月20日日曜日

wukaさんのsystem of footworkの換点って

前回の動画の換点。


リズムというかなタイミングだったり進め方の荷重の使い方が、いわゆる抜き、と同じじゃんと気が付く。

抜きほど大げさに使わないし、抜きより使いどころは多くあるわけだが。

抜きとよく似たものだから換点を抜けずにただ動かして実現するとクソになるのも納得。


ま、換点ばっかやってるとこのリズムばっかりやっちゃってそれはそれでだめよなーとも。

これはあくまでリズムの違いが作れるのが面白いわけだし。

半分のリズムだけで構成されたら半分のリズムでしかないしな。

2019年1月13日日曜日

wukaさんのSystem of Footwork


体系化されてるのはとても興味深いねえ、おもしろい。


自分は特に換点って動きがおもしろいなと。

この動きを体系として捉えるのがすごいなと。

そして一番wukaさんらしい動きにさせてる動きなんじゃないかな。


ただどれも滑らさない滑り方で動きだけ真似るとクソにしからなんすねえ。

ただ滑るって技術がほんと必要。

今の滑り方というのかウィールの転がし方

滑る基本としてウィールは転がすものだよな、というのが今の認識。 今の自分の考えとしては、片足にウィール4個ついてるけど全部がくっついてやや大きな一つの回転体が足の下についてるイメージ。 直径30㎝ぐらとイメージして使うこともあるし70㎜ぐらいの直径でイメージして使うこともあ...