2012年11月25日日曜日

金曜闇、toe sevenねえ

昨日会社の階段で変な踏ん張りかたしてちょっと膝に違和感あったので今日はサポーターやっといた。

なんともないってこともないが、まあほっときゃ治る程度だろな。

 

ほんとは半休かまして滑りに行こうかと思ったのに逃げ損ねた、ので闇練っす。

 

風はあんまりなくていい感じ。

 

 

ワンフット左右前後、うーんもうこのブーツじゃダメかも、他のこと出来るから別にいいけどさw

抜き交互。

 

50でcrab、 wiper、体の後ろに次の足置くの意識。

 

50で横3個の負荷練5分ずつ。

one heel、調子は落ち目だけどまだ踏ん張ってる感

one toe、乗れるようになったあああ、どぼーんできねー、最初のうちだけいいんだよなあ、なんでだ?

back one heel、まずまず安定っぷり、踏むのに一番困らない気がする

back one toe、おーいいかも、どぼーん、またかよ(-_-)、これも最初いいんだけどなあ。

 

 

そのあとずっと move toe seven やってた。

move させるには大きな円弧と小さな円弧区間があって、

 

その大きな円弧区間をXの後ろにある足感覚にしてみた、Xで左足方向に進むときの右足、右足をトゥで軸足にして踏む感じ、これで大きな円弧を描くことは出来ると思う。

 

小さな円弧区間はベタでやるとベタでやると軸の真下にないと回せないので、rekilとかnowiperみたいに軸足に軸を持ってきて踏める形にしておかないとダメかなあ

 

これだと大きな円弧も小さな円弧区間も両方軸足側に軸を持ってきて踏める形になる。

でもそうするとずっと軸足側になってしまうので、踏み込み直せない気がする。

そうすると大きな円弧をやり出す前、小さな円弧区間の最後に一度骨盤を逆に寄せてやれば、次に踏み込み直せるんじゃないかと。

 

ただ骨盤を逆に寄せると軸足がアウトエッジになりやすいんだよね。

 

おかしいことやってんのかなあ。

でも漕ぐに関してはやりやすくなる気がする。

意識しすぎて入りからメタメタになってしまってたりとってもするがねえ(-_-)

 

 

ちょこっと

double crazy

X

crazy

 

 

ワンコーンベタスピンの半回転のやったり

都合よく使い分ける進み方

足首でウィールの後ろ荷重から前荷重へ切り替えても進むし、ブーツをずらしてウィールを後ろから前へずらしていっても、どちらもウィールは後ろから前へ転がる。 体の前進や後進というわけではなくウィールが進む方向ね。 逆もそうなる。 どちらを使うかは前後の動きや体の構造で基本的には決まって...