2013年11月4日月曜日

日曜緑が浜

遅くなったので短く。

 

back one toe、左の腕と腰が後ろに引いて体を開けないので、右の腰を前に出す方がいいかも

 

heel sevenがちょっとできてきたかも?

フリーレッグ側の骨盤の上下動のリズムが大事な気がするなあ、結果その先についている足やモモが動くと。

その骨盤の上下動の下げる時に抜く感覚がいい気がする。力で下げるのではなく。

 

 

そのあとはKSJの2010のkievのやつ

 

往路エンドの動きが結局それっぽくならず。

まあ、一旦これはここまでですかね。

 

 

そのあとLCGのmunobalのやつをやる。

跳んで巻いてnowiperだった。

あんまりおもしろくない・・・。

でもそれを格好良く見せるのも必要なことか・・・。

骨盤付近での進行方向の作り方

前に書いた、4輪を大きな1輪としてイメージする滑り方、実はこれだけだとあまり進行方向が定まらない。 言い換えるとタイヤの荷重をずらしてもどっちに進むのかわからない。 ちなみに最近は4輪接地の形でも大きな1輪というよりウィール1個分の感覚でいるし、荷重のコントロールもしてる。 つま...