2014年11月12日水曜日

水曜闇

ひたっすら1輪。

 

フロントの一輪は、漕がない20個、次は0発進数個、フロントセブン。

バックの一輪は漕ぐ20個、とてもできてないが。

 

バック次は0発進、その次はバックセブン。

 

 

heel sevenで漕ぎを考えてて、ストライド1が一番わかり易いのかも。

ストライド1して(だから漕ぐ瞬間は軸足は進行方向とは90度から180度ずれている)、軸足はレキルの半分をやってターンしていく(フリーレッグを後ろに引きつつ)

wukaさんのsystem of footworkの換点って

前回の動画の換点。 リズムというかなタイミングだったり進め方の荷重の使い方が、いわゆる抜き、と同じじゃんと気が付く。 抜きほど大げさに使わないし、抜きより使いどころは多くあるわけだが。 抜きとよく似たものだから換点を抜けずにただ動かして実現するとクソになるのも納得。 ま、換点ばっ...