2015年12月5日土曜日

土曜闇

会社絡みの行事やらなんやらで昼間拘束されてたので闇練です、風なくてよかった。

 

ずっと一輪やってた。

ハーフスロットルの広範囲な使い方か。

 

基本的な捉え方としては、前後のプッシュで出し入れに使える10cmぐらいの軸があって、その内側に同じ中心の直径5cmぐらいのその縁にウィールがある方向に進む。

直線のワンヒールなら、直径5cmの中心線上の前の縁にヒールがあれば前に進む。

直線のバックのワンヒールなら、直径5cmの中心線上の後ろの縁にヒールがあれば後ろに進む。

もちろん上体、腰、下半身が同じ速度で動いている場合。

 

直径10cmの円には十字に線があって、それを越えるには前や後ろのプッシュで乗り越える。

基本的にはパイロンとパイロンの中心でそのプッシュは行われる。

 

 

 

うーん、推移を立って考えるのはやりやすいのに、文章や簡単な図で表せねえorz

今日は断念。

足首の角度でウィールを回して進むのは

足首の角度を変えてウィールを回して進む進ませ方は、ウィールというかブーツが体の真下やや後ろだったり体から離れたところにあるときに使うのが良さそうな気がする。 後ろ荷重から前荷重の移動をやりたくてもやりづらい位置にあるときに足首の角度でウィールを回転させて進ませるやり方をやってやる...