2016年11月1日火曜日

火曜闇

風つえーっすな。さみい。

 

最近はずっと一輪ちょっとやってからEランクなのをひたすらやってたのだけど、たまには気分を変えてってかんじだった。

back seven、入りがノーマル sevenからの切り替えは見た目よろしくないのでどうしようかと思ってたけど、フロントで踏み込んでのトランジットからバックスネークしてから入れる感じでやりやすかったかな。

back sevenそのものは骨盤的にはvolteな感じかな。

ただしなぜback sevenができないかというと、そっち回転側のvolteが苦手だからだ。

なぜできるのかはわかってんだがなかなかそういう風にできないんだなあ。

 

あとは去年のguo fang zhang haoのペアのやつをちょっとやってみてたり、ちょっとっていうか最初の80をやってるだけだけど。

特徴的なところは意識しておけるんだけど、何気ない動きが今までの動かし方になっちゃうなあと。

あとは今の考えだと1拍子で動けるところを別々の動きとして練習してしまってるので2拍子になってたりなあ。

足首の角度でウィールを回して進むのは

足首の角度を変えてウィールを回して進む進ませ方は、ウィールというかブーツが体の真下やや後ろだったり体から離れたところにあるときに使うのが良さそうな気がする。 後ろ荷重から前荷重の移動をやりたくてもやりづらい位置にあるときに足首の角度でウィールを回転させて進ませるやり方をやってやる...