2015年9月4日金曜日

金曜闇

相変わらず照明直らないので暗くなるまで、練習時間短いよ。

 

back one heelとback one toeしばらくやってたり。

普通のpushの出力低め、逆のpushをしっかりとかな。

普通のほうがpush offで、逆がpush outか、自分で言い出して忘れてる。

push offの方は股関節を上下方向に広げるタイプの方。

push outの方は押し付けるタイプの方。

でpush offの方は軸に対してウィールがわずかに前にある状態から軸の下まで動かす動き。

push outは軸の真下にあるウィールを押し付けてわずかに前に出す動作。

 

軸に対してウィールを前後動させてる。

それが顕著なのが一輪のfake系の動作かな。

言ってて思いつたけど、おれ toe fakeのバック区間あんまりpush out意識してないな、基本苦しいのはフロントの時ではあるんだがね。

 

で、この軸に対しての前後動、sevenでもやってみてるわけですが。

イマイチ安定してこないねえ。

うまくいくとパイロンの中心線越えたりパイロン巻いちゃったり(いつもはパイロンから離れていく軌道なのが普通)、でも数も率も安定しない。

push outするタイミングよくわからんし、push offのタイミングも変わるのか、それとも出力落としてるから安定してこないのか

足首の角度でウィールを回して進むのは

足首の角度を変えてウィールを回して進む進ませ方は、ウィールというかブーツが体の真下やや後ろだったり体から離れたところにあるときに使うのが良さそうな気がする。 後ろ荷重から前荷重の移動をやりたくてもやりづらい位置にあるときに足首の角度でウィールを回転させて進ませるやり方をやってやる...