2015年7月19日日曜日

土曜緑が浜、push offとpush out

よーやく最近back one toeに光が見えてきたかな。

バックスネークっぽく入る入りのところで、先行させてる足は着いたまま、軸足をアウトエッジのトゥにしつつpull、というかpushの逆、というか押し出す感じに入れて、先行してる足を地面から切り離す、次のパイロンの中間に来たらpush。

 

最近 pull って言葉で表現してたけど、少なくとも「引いて」はない。

pushの逆なんだけど不正確になっちゃうかな。

 

それで、いわゆるプッシュ、ってのは、push off 「蹴り出す」で。

その逆は、push out 「押し出す」なのかなと。

 

つまりpushの反対だから、力を抜く or 引く、は間違い。

蹴り出す時にも押し出すときにも力を込める。

そして力を込めて稼働させる箇所は股関節の開閉、正確には伸展と屈曲。

股関節から下の足そのものは基本的には力を発揮するところではなく股関節で発生した力をロスなく伝えるだけのもの。

 

 

具体的な動作としては

右足ワンフットでレーンの中心線上でパイロン間の中間で軸足が右に行くときにやるのは、push off(軸足の股関節伸ばす(伸展))

軸足が左に行く時にやるのは、push out(軸足の股関節わずかに縮めて曲げつつ押し込む(屈曲))

 

右足バックワンフットでレーンの中心線上でパイロン間の中間で軸足が右に行くときにやるのは、push off(軸足の股関節伸ばす(伸展))

軸足が左に行く時にやるのは、push out(軸足の股関節わずかに縮めて曲げつつ押し込む(屈曲))

 

volte、ベタで振り回す側、こちらがpush out(軸足の股関節わずかに縮めて曲げつつ押し込む(屈曲))

トゥ側、push off(軸足の股関節伸ばす(伸展))

 

toe seven、大回転の始め軸足はpush off(軸足の股関節伸ばす(伸展))

小回転では軸足は、push out(軸足の股関節わずかに縮めて曲げつつ押し込む(屈曲))

 

back toe seven、大回転の始め軸足はpush out(軸足の股関節わずかに縮めて曲げつつ押し込む(屈曲))

小回転では軸足は、push off(軸足の股関節伸ばす(伸展))

 

nelson、後行足、体の後ろに動かすとき、push off(軸足の股関節伸ばす(伸展))

体の前に動かすとき、push out(軸足の股関節わずかに縮めて曲げつつ押し込む(屈曲))

 

後行足fake、ノーワイパーね。

パイロン間の中間で、フロントからバックに切り替わった瞬間移動せずに、push off(軸足の股関節伸ばす(伸展))

パイロン間の中間から次の中間までバックで、push out(軸足の股関節わずかに縮めて曲げつつ押し込む(屈曲))

パイロン間の中間で、バックからフロントに切り替わった瞬間移動せずに、push off(軸足の股関節伸ばす(伸展))

パイロン間の中間から次の中間までフロントで、push out(軸足の股関節わずかに縮めて曲げつつ押し込む(屈曲))

 

こうやって書いてるとまるで詐欺の種明かしみたいだ(^O^;)

前に進むにも後ろに進むにも同じ動作してんだもんな。

 

 

で、push outの方の実際の動き。

股関節わずかに縮めて曲げつつ(屈曲)体の前に押し込む、押し込むってことはお腹というか股関節の筋肉は力を入れている。

1輪だったら軸の真下か1cmぐらい後ろだったウィールが1cmぐらい前に出る感覚かな。

もちろんその動作の結果体全体が動く力になれば体が移動していくし、あえて移動でその場で力を発揮させることもある、跳ねれば跳べる。

 

push offなら

軸足の股関節伸ばす(伸展)

あえて移動しないのであれば、1輪だったら軸の真下か1cmぐらい前だったウィールが1cmぐらい後ろになる感覚。

 

 

toe specialなら前で押し込むし、後ろでこねるし。

toe wiperならpush outでもpush offでも両方共跳ぶ

 

 

まとまんなくなってきちゃった(^_^;)、もー寝る。

中国の全国大会

んー、なんかみんな構成がまとまっててあんまり面白みがない。 個性があった人は個性がなくなり、個性のある人はダンスに行ってしまったのかなあ。 なんでも成熟すると最適解にまとまっていくものだがまだ歴史が浅い競技なんだからもっといろんな思いもよらないことができるんじゃないかなあ。 もし...