スキップしてメイン コンテンツに移動

みなもり、近畿ブロック大会

今回は新幹線移動、早いけど高いねえ。

三宮周辺でいつもどーり迷いつつみなもりへ。

 

暑かったす。

で、toe sevenもheel sevenもすげーやりづらい。

軸から少しずらして漕ぐといつもなら復元するはずがそのままずれっぱなしで破綻していく感じ。

逆にtoe fakeとか、toe special系はやりやすい、不思議。

 

あと、これがなんでだかわかんないんだけど、みなもりで縦で3レーン置いてあると、なぜだか頭のなかでの向きがおかしくなる。

自動再生なはずのルーチンなのに、向きがわからなくなって往復一本分飛ばしてたり・・・。

 

夏場はみなもりは夕方ぐらいがいいねえ、日陰大事、夜も雰囲気いいし。

 

 

夜は、夜景の見え・・・ない、カプセルホテル。

あんまり考えずにいたんだけど、二宮だったのねここ、みなもりから北に三宮の駅を越えてなのね、ちょっと遠い、まあボケっと歩いてれば着く程度だけど。

風呂もでかいし、アングラ感ないし^^;、まあまあ良いかな。

いびきうるせえ、って思いながら即寝してたしw

ああ、キャリーバッグ用のロッカーあったのは助かった、これなにげに重要。

受付での預かりはすげーめんどうだからねえ、以前カプセルの中の足元置いて寝たもんなあ。

 

 

起きたら、雨(・_・;)

早めにホテル出たら雨ちょうど止んでたので慌てて移動。

神戸の喫茶店でコーヒーでも飲みながらゆったり朝、なはずだったんだけどなあ。

 

雨でやるとしてもスピスラなくなって朝からクラシックかなってのもあって早めに動いて正解ではあったかな。

 

そんなこんなで、土砂降り(-_-;)、いやいや降りすぎだぜ。

路面ももう湿気ってきたので、やる気なくなり、やったとしても本気で踏めないのは嫌だし、怪我するのも怖いから棄権しようかなあと。

 

でもスタッフみなさんでほんとうにがんばって水掃きしてくれて覆ってくれて乾かしてくれて、なんとか開催、ホント感謝。

常に確認してましたが自分としては横滑りしないと思えるレベルで出来てたと思います。

 

それと、昨日みなもりを縦に使って3レーン置いている時の向きがわからなくなる問題、実は横だとそう感じなかったという、ちょっとこれは助かった。

 

で、本番、ってことで、なくなりかけてたやる気を起こしたら、土砂降り(´・ω・`)

さすがにおもいっきり緊張させつつ体動かして、止まって、またを何度も繰り返すときつい。

 

でも本番はちゃんとできました、路面状態、グリップは悪くなかった。

スタート位置が本来より近くなっちゃって、エンドでやっぱパイロン一個ずれちゃってたがなあ、まあ入るパイロンを何個目なのか明確にしておかなかったのが悪いんだが。

 

んーで、本番前半はまったく体が動かず滑りながら、あかんって笑ってたw

というか後半の80以前はぐだぐだやの(;´∀`)

 

あと、そう、最初の静止姿勢、必死に骨盤の中立角度にしようとしてた、緊張して力んで崩すなって。

 

 

結果は、2位になれました。

でも、まーくんいて欲しかったな、早く治ってくれなー。

 

夏海くんは自分より一つ上にいる感じ、おもしろい距離感。

なっちゃんは一輪がもう一段上げないとかな、できる時があるのではなく、できるになってないとか。これは話してたことだけど、一輪で前に押して進めない感じが少し前の自分と似てる、たぶんアップとダウンの骨盤の寝かせと立たせが使えれば良くなるんじゃないかなあ、ダンスでそれは出来るんだし、4輪でもその進み方が使えればダンスの体の使い方ができるのが有利だもの。

ゆーまはジャッジを不安にさせちゃダメだよお、ジャッジには期待をさせないと。

ヒロリンさん、良くなってるよなあ、全日本も出よーよ。

ALIVEの女の子たち、スピン系はいいのに、バックの一輪と一輪の前後とかのスイッチがないのがもったいない。あとベタのfakeというか昔で言うベタノーワイパーかは荷重を抜いてパタパタやってはダメです、これだとその先の一輪にもつながらないです。特殊なものと思わずに踏みつけて漕ぐ普通のスイッチの連続です。

じゆじれ、良かったわ。

たいたい、安心。

 

と、珍しくみんなの書いてみる、ちなみに戦々恐々して見てた感想ですw、おっさんいろいろ辛いんだw

 

シニアももっとみんな出場してほしいなあ。

 

あいにくの天気だったけど皆さんお疲れ様でした。

特にスタッフの皆さん、水掃きしてくれたみなさん、ほんとお疲れ様でした、風邪引かれないといいんだけど。

このブログの人気の投稿

2017年 全日本選手権

山口、遠いっすねえ。瀬戸内海独特な景色でなんかいいですねえ、遠いけどwつまり遠い(;´・ω・)
お宿はゆうたんの隣の山の奥、それを山奥と言う。きれいな建物なんだけど、必ず必要なものは買いこんでから登りましょう。
スピスラは華麗に撃沈。2本目もタイム取りに行っても予選4位以内に入れないので思いっきり行ったんだけど。まあスピスラさっぱりわからんす。
クラシック。よくはないけど、ぎりぎりでまあこれぐらいにまではまとめたなあと。
今回はテンポのいいところや、コンボはほとんどなかったので、どうかなあという作りではあったわけで。動きのぎこちないところ、はやっぱり直前まで困ってたところだったのでまあそうなるわな、という感じ。ルーチンを作ってる中で違和感ややりづらいなと思うところは前後含めて入れ替えてしまう方がいいね。腕の使い方とかは一週間でなんとか補正したかなあ。
一輪はダメっすねえ。ここ数年はほとんど一輪しか練習してないんだけど、よくならんねえ。良い時期悪い時期のコントロールができん。
もろもろ今の自分らしい結果だなあと。

関東甲信越ブロックとその後

先週になっちゃったけど、横浜の大会でした。一輪めためた、全く踏めないのを無理やりやろうとしてるのでひどい。最近ずっと一輪おかしかったのでまあしょうがないかなあ。一輪で転ばなかっただけでもよくできましたと思っちゃったぐらいだし。ルーチンとしてはまあまあまとめたかなあ。直前にリズムに間に合わないからシンプルにしたところもあったけど、これも体育館だと意外と速く動けてしまってわずかに待ちになっちゃってたりしてるんだけど。それでもまあ100%近い速度でやって間に合わなくて110%に上げて破たんさせるより、90%の速度で誤差を吸収できるようにしている方が安全かあ。全体的な構成としてはあっさり感もあるのでもう少し濃い感じにしてもいいけど、どうなるやら?あとまあ大会の翌日にはフレームの位置をずらした。フレームは前後2点ずつの4点止めにしてたんだけど踵側を1点にした、これでわずかに前後に動かせる幅が増えるのでわずかに後ろに寄せた。これが最近の一輪の調子悪かった原因じゃないかなあと。ずらす前は体の真下に一輪のウィールがないとダメだったんだけど、後ろにずらした分わずかに体の前で扱えるようになった感じ。ただまあ補正して何とかしようとしてたのをまた再補正しないといけないんだけどねえ、間に合うかなあ。良い感覚になった一輪のもあるし相変わらずなものもあるし、まあがんばるしかねえ。

進み方

ウィールの前側に荷重してるのを後ろ側にずらしてやると前側に進む。
バックでも全く同じ、進行方向の前側に荷重してるのを後ろ側にずらしてやると前側に進む、ウィールの向きが違うだけで同じ原理。
プッシュは極端な前荷重を作る、極端な前荷重があれば前荷重から後ろ荷重へより長い距離を使える(地面からの反力とかも当然ある)
例えばトゥであれば体の真下に1番ウィールがある状態でプッシュすると極端に踵が上がった状態になる、当然ウィールの前寄りの荷重になる
、そこから踵を落として(ウィールの後ろ荷重になる)そこからさらに1番ウィールを体の真下から前に出してやるとウィールの後ろ側に荷重していくことになる。
切り替えす。
1番ウィールを進行方向と逆に向ける。
1番ウィールを進行方向と反対に残して上体は進行方向側へ進める、1番ウィールは体から離れて前荷重、さらに踵を下げて前荷重に。
そこから1番ウィールを体に引き寄せる(ウィールの後ろ荷重になる)さらに踵を上げてウィールの後ろ荷重にする
切り替えす。
で、後行足のfakeになる。